ギア試乗レポート

BLOG DUOTONE カイトサーフィン ギア試乗レポート

遂に、オーバーコンディションでEVO SLS 12平米の試乗ができる!!
と期待、皆さんは12ジャスト~オーバー!!

ところが、オーバーじゃなかったんですよ。。。

何言ってるかちょっとわかないかもしれませんが、
ありまのままに今日感じたことを語りますよ。。。

一言でいうと。
★★★EVO SLS, 風域が広すぎる!!!★★★

風速10mオーバーほど、他のカイトならデパワーMAXで
バーも押し上げながら、なんとかパワーを殺しながら乗って
エアーの時はバーを引き込むだけでドカっとパワーが入る、コンディション。

ですが、EVO SLSはまだそれでもバーの引き込みに余裕。
エアーしてもグイーんという手応えが無い。

高さは、めちゃくちゃ高い!というワケではないですが
ちゃんと出ます。ただリフトのパワーだけで比較すると
他のハングタイムの出るカイト(NORTHのORBITとか、OZONEのEDGE)など
に劣ります、これはカイトの目指す方向性の問題かと。

決してアンダーに弱いワケじゃないけれど、バーのプレッシャーを
求めてエアリアルをやるなら、ワンサイズくらい上のカイトを使う、
のが正解だと思います。

コレ、風域広いんだから仕方ないですよね。

この感じは。。。

OZONE のZEPHER(ゼファー) いまや、微風カイトのベンチマーク、
「ZEPHER で走る!」とか皆んな言ってて絶賛されてます。

使ってる方はご存知だと思いますが、ゼファーは 微風時に抜群に効く、のが
メリットではないです。他にもっと微風時にパワフルなカイトはあるので。

ゼファーは風速3mくらいでフリフリ使っている状態から吹き上がって風速6,7mになってもそのまま使えちゃう、
風域の広さ=使い勝手の良さが評価されてると思ってます。
昔は「微風カイトなのに、微風性能はそこそこってどうなの?」って
ネガティブな意見も聞かれたりしました。

これって、最新のEVO SLSでも同じことのように思うのです。
究極的に使い勝手の良さを追求したカイト、
DUOTONEの開発陣、ある意味凄いチャレンジ、個性的なカイトを出してきたなー
って改めて思います。 

これがスタンダードになるなら、まさしくゲームチェンジャー
カイトのトレンドが変わるような気がしますね。

カブリナのクロスボウ
SLINGSHOTのFUEL
F-one のバンディット
OZONE のC4
NAISHのシグマΣカイト(・・・は流行らなかったけど、懐かしい)

ここ10数年で、トレンドを変えるようなプロダクトがありました
EVO SLSはその先駆になるのかな??

★★★驚きの安定性:スタビリティー★★★

あとは本日、EVO SLS スクール生さんに触ってもらいました。
このときも衝撃的。。。このカイトはイントラが楽できますわ。。。

アンダーのときのバックスライド、アップ取りやすいカイトにありがちな
頭を超えるような感覚、そんあ不安定感は一切ナシ。非常に安心、安定感があります。
ちょっと操作ミスしても落ちない、弱めの風でもエッジオブウィンドウでかなり粘ってくれます。

バーの細かい操作は必要なし、特にバーの押しと引き(上にあげたり、引き込んだり)の
操作をほぼ気を使わなくても良いのは素晴らしい。

アンダーだったり、ガスティだったりするとバーの高さ位置調整が必要ですが
抜群の安定感、基本のバーの右、左に傾けることだけを集中すれば
カイトはしっかり動きます。

何度も書いてますが、バープレッシャも軽いのでビギナーさんが
怖くない、バーから感じる腕を通した「ビクンビクン」というブローを
恐れる必要がないので、安心て練習が出来てました。

ほんと秀逸、OZONEのALPHA(アルファ)V2、なんかも相当出来が良くて感動してたんですが
従来のカイトをブラッシュアップして最新の使いやすいカイト!!を作った!!という出来。
以前からのユーザーさんはコチラ(OZONE ALPHA V2 )の方が馴染むかもしれません。

EVOのSLSは新たなアプローチでカイトの操作の根本を
見直したような気がしています。

勿論双方にメリット・デメリットはあります、好みが分かれるとこがあるかもしれません。
気になった方は、いまナイスカイト当店に以下の試乗機があります

最新、極上のカイトを比べて乗れる素晴らしい環境です、
ぜひ試してみてください!!

2021 EVO SLS 12/9平米
OZONE ALPHA(アルファ)V2 10平米

EVO SLSのリランチはめっちゃくちゃ良いワケでないですが、充分及第点。
あとは前回投稿したときに書いた、バーまわりが改良されてほしいなー。

あ、あと一点、僕のMYSTICのカイトリーシュが繋げない、、ことも無いけど
実用にはめっちゃ面倒。これ、繋げる金具の穴の径がほんの数ミリ広げて
もらえるといいのに。結構この問題、大変なんです。


DUOTONE カイトサーフィン

●9/25(土)2021 DUOTONE EVO SLS 試乗、12平米ジャストの極上風!!でした。

ここ数日、シルバーウィークの風。期待できそうで吹かず。。。の日々でモヤモヤしてました。しかし今日は14時半くらいから極上風!!、12平米ジャストでした。しっかり吹いた日はサイッコーです♪

朝イチ登場のゾロくんから始まって、まるちゃん夫妻まで、カイトボード楽しめましたね♪レッスン中のKさんも頑張ってました。

★本日の動画です♪

2021 DUOTONE EVO SLS12m 試すことができました。”カイト”というプロダクトのトータルの完成度はDUOTONEが一番かもしれません、以前この開発動画を見たときは驚きました。こんなテストしているカイトメーカー他にあるんでしょうか・・・

最初に書いとくと、DUOTONEはバーを改良して欲しいです。特にフロントラインの分岐構造だけは僕はその理由もわからないし、欠点だと思ってます。あとチキンループのリリースシステムは進化してもいいと思います。それ以外は 文句無しのTOPメーカーですね。

EVO SLS、以前までのノーマルEVOから新たに素材などで改良されたのがSLSシリーズ。SLSは STORONG / LIGHT / SUPERIORの頭文字ですね。ノーマルEVOより15%軽量化、素材も丈夫になってるそうです。期待して、皆で試乗してみました。とにかくバープレッシャーが軽い、ハンドリングが軽い軽すぎて、乗っててもアンダー?かと思うほど。バーも一番手前まで引き込んで余裕で操作できます。でも、しっかりアップウインドをとって楽に走りまわることができる。。今まで使ってたカイトならこの感じはアンダーコンディションのとき。しかし、しっかりアップは取れる、とするとジャストなんだろうか・・・よくわかんなくて脳がバグる。。。他のモデル、メーカー12平米を並べて乗り比べればよかったなー。またエアーするときはバーの引き込みの圧が無いのでタイミングが取れない、、、ということで、進化に身体がついていかない感じでした。しかし、間違いなく良いカイトだと思います。このカイトで慣れたら、とても風域広く安心して乗れそうですね。ジャストで乗れるけれど、エアリアル=カイトを振り上げてジャンプ!!するには、もっと風が強いのが面白いと思います。バー引き込むだけでぶっ飛べそうでした。もうちょっと色んなコンディションで試してみたいですね。

15年以上前、カブリナのクロスボウ、というカイトが一世風靡したことがあります。バープレッシャーの強い、パワーのあるカイトでした。その後、OZONEなどバーのプレッシャーの少ない、動きの早い、軽いカイトが発売されて主流になっていくのですがクロスボウに慣れてた方は、軽いバーのカイトを試乗した際は「バーが軽すぎる!エアーが飛べない~」って言ってました。なんだか同じような状況のような気がします。これからはEVO SLSみたいなカイトが(とにかくプレーニングがしっかりできるけどバープレッシャー自体は全く無い)メインになってくるんでしょうかね。それともメーカーさん毎に違う個性みたいなものなんでしょうかね、昔からDUOTONE(以前のNORTH時代から)はフロントラインに掛かるテンションが強めでバックラインが割とタルい、そうするとバーのテンションは軽い、という感じの作りだったように思います。

あと、カイトの重量の話。OZONE ENDURO V3 12mとDUOTOEN EVO SLS 12m カイト自体の重さを測ると、両方とも 3.2kgで同じでしたね。OZONE は元々軽い作りなんですね。 あとEVO SLSは 空気圧が7PSIになりました、従来のEVOは6PSIでした、ちなみにOZONEの推奨は8PSI、空気圧で剛性を出してるのは昨今のWING を見ても明らかでWING最近は空気圧高め 9~10PSIでパツパツですからね。。。これからどうなってくかと考えると、、、修理とか大変になりそうだなーって思いますね。

とにかく、新しいモデルのカイト、触るのは面白いですねー!!もうちょい、お借りしてますので、ぜひ試乗してみてくださいね。


ギア試乗レポート

★カイトサーフィンNewギア情報!!

コロナのせいか時期が例年より時期がズレて様々なメーカー・NEWモデル 発表してるように思います。昨今の流行りのワードはとにかく「軽量化」!!素材の進化のせいですね、カイトもボードも軽く!、というのが謳い文句です。当然、僕もまだ試していないので、実際に触るのが楽しみです。こういう製品紹介のVideo見てても、面白いので時間あるときにまったりどうぞ!!

●SLINGSHOT(スリングショット)10年近く?長年続いた安定のモデル、カイトRPM が無くなりました!!! びっくり。後継は”RPX” だそうです。

NEWカイトボードテキストリームカーボンのFORMURA V1 

●CABRINHA (カブリナ)カブリナFX 相変わらずカッコいいVideoです。

長いし英語ですが、2021カブリナの製品紹介。興味ある方は、、、どうぞ。


ギア試乗レポート

★カイト NORTH ORBIT(ノース オービット)のご紹介。変態おーはらさんを、ワールドクラスにするとニック・ヤコブセンになります(笑)↓ ニックの ド変態ライディング♪

ニック・ヤコブセンの使ってるカイトは NORTH ORBIT(ノース オービット)!現在、鹿児島に試乗機 9平米&12平米があります。個人的に、めっちゃくちゃ面白いノリ味のカイトで、大好きです。

このカイト、他のどのメーカー、どのモデルと比べてもバーを引き込んだときのリフト感、リフト力があると思います。そのためバーの押し引きのコントロールだけでも浮遊感のあるトリックが可能。ニックの↑の動画を見ても、バーを完全に引き込んでおらず、余力を残して、より長いリフトや一旦、着地してからもそこからバーを更に引き込んでもう一度飛び出したり、ということをしています。かなり極端にパワーが入ったりするので人によってはジャジャ馬カイトのように感じるかもしれませんが、こんな面白いカイト、誰かユーザーさんになって欲しいなーって僕は思っています。

またアップウインド角も凄い、ガンガン登ります。一般に滞空時間のあるカイトってアップウインドも良いですね。バーの引き込みでぶっ飛べたりする楽しいカイトなんでアンダーコンディションでは本領発揮できない、本来の楽しみは味わえない(アンダーに弱いということでないです)、本当に楽しみたいならちょっとオーバーくらいで使うのがオススメですね。↓は宮古島で皆で、NORTH ORBITを試したときの動画です。なにやるにしても、滞空時間が増えるので余裕が出ますね。

ぜひ試してみてください、ニックを目指しましょ~♪バーの引き込みだけでもとんでもなくパワーが入り、エアーでも高さがでそうなこのカイト、できれば僕もババ吹き、爆風コンディション時にWooの高さ測定で、MAX高さ20m!! くらいの結果を出してからマジで凄い!このカイトって紹介したかったのですが。。。なかなかコンディションにあたらないので、まずはご紹介しておきます。


BLOG DUOTONE カイトサーフィン ギア試乗レポート

●カイトサーフィン道具テスト DUOTONE ULTRASPIKE SLS 2021(デュオトーン ウルトラスパイク SLS)

宮古島前浜で、Newボード届いたのでテスト!DUOTONE 2021、最強微風ボード ULTRA SPIKE SLS 165cm!!ちょうどいい感じの、微風コンディションでした。

独特の微風に強い形状(アウトライン)とか新素材 軽量ファイバーInnegraを採用して強く、軽く荒れた海面でもよじれず、滑らかに走れます。。。などなど、色々書かなくても、とにかく!!足入れて、乗ったらわかる恐らく過去のどんなツインチップボードより微風で走ります。

エントリー向けのフォイル(ボード)なら、微風で比べても同じくらいのプレーニング性能に思えます、これならフォイルいらないかも!?微風のお供に、とにかくカイトボードやりたい!!という気持ちを満たしてくれる最上のボードです。鹿児島にも持って帰ります、ぜひ試してみてください♪ 

■DUOTONE ULTRASPIKE SLS 2021(デュオトーン ウルトラスパイク SLS)サイズ 165cm/47.5cmフィン付き S-BEND FS 4.5 CARBON 30価格(税抜) ¥153,800-*バインディング(パッドストラップ)別売