DUOTONE

BLOG DUOTONE カイトサーフィン ギア試乗レポート

●カイトサーフィン道具テスト DUOTONE ULTRASPIKE SLS 2021(デュオトーン ウルトラスパイク SLS)

宮古島前浜で、Newボード届いたのでテスト!DUOTONE 2021、最強微風ボード ULTRA SPIKE SLS 165cm!!ちょうどいい感じの、微風コンディションでした。

独特の微風に強い形状(アウトライン)とか新素材 軽量ファイバーInnegraを採用して強く、軽く荒れた海面でもよじれず、滑らかに走れます。。。などなど、色々書かなくても、とにかく!!足入れて、乗ったらわかる恐らく過去のどんなツインチップボードより微風で走ります。

エントリー向けのフォイル(ボード)なら、微風で比べても同じくらいのプレーニング性能に思えます、これならフォイルいらないかも!?微風のお供に、とにかくカイトボードやりたい!!という気持ちを満たしてくれる最上のボードです。鹿児島にも持って帰ります、ぜひ試してみてください♪ 

■DUOTONE ULTRASPIKE SLS 2021(デュオトーン ウルトラスパイク SLS)サイズ 165cm/47.5cmフィン付き S-BEND FS 4.5 CARBON 30価格(税抜) ¥153,800-*バインディング(パッドストラップ)別売


BLOG DUOTONE OZONE カイトサーフィン ギア試乗レポート 加世田

●12/4(水)万之瀬川河口 ブラインドライディングについて

母方の祖母が亡くなったので先週来、数日間 名古屋に帰省していました。

93歳、大往生ですよね。僕は初孫だったので大層、可愛がってもらいました。多才でハキハキした、凛とした女性でした、映画「サマーウォーズ」のお婆ちゃんみたいな。

身近な方が亡くなると色々、考えてしまいますね、僕なんて明日死んでもなんの後悔も無いつもりですが(*心残りはあるけど) 本当にちゃーんと精一杯やってるのかなって?自問自答してみたり。そんな機会でもありました。

鹿児島戻った翌日は、ぼちぼちの風予報。ですが、結局は10mオーバーの風。吹きますねえ!!快晴、潮位良し Oミヤジさんは9平米でアウトを快走中!!

僕は最高のギアを用意。

OZONE ENDURO V2 12平米

2020 DUOTONE TS TEXTREME HADLOW 140cm

個人的に考える、現時点で最強の組み合わせです。
テンションあがり うはうは言いながら TS TEXREMEにブーツ着けて準備しました。

OZONE ENDURO V2 は超優等生カイト 風域広くオールラウンド、バーコントロールは直感的、エアリアル&パワードトリックに対する反応を とても高度なレベルで両立させているカイトです。だからこそ、普段使ってるですけどね。

オールラウンドモデル、リランチも簡単 万人に向けてオススメできます。

誰かENDURO V2 の欠点があったら教えて欲しい、、、ですよ。

無理やり挙げるなら特にビギナーさんに向け、というならもっとパワー無くてもいいかな?というくらいかなー。
他には思いあたらない。。。

ボードは先日から試乗した皆さん絶賛のTS TEXTREME
最強のフリスタ向けボード、今日はブーツを着けて、じっくりレイリーとか 試しまくったけど、もーヤバい。

特にパワード、エッジングを掛けての反発。この跳ねっ返り。。。なんだろうなあーこれ、、、

あーアレアレ。

飛び箱の前に置いてあるヤツ!!

こんな感じでズッパーんとボードが跳ね上がる。
ぜひ使って、知って欲しいこの反発!! 快感ですよ、ほんとに!!

で!!

こんな最高のカイト&ボードで 今日じっくり練習しまくったのは~
地味地味な ブラインド ライディング!(^_^;)
http://kiteboardschool.jp/01blind.html

僕は不器用なんです、苦手なことも多いんです

安定したブラインドライディングとか、
グーフィー側(スタボー)のエアーとか苦手です。
コーヒーも飲めません、短いスカートの女の子がいると緊張します(笑)

まあ、後半の苦手なことはどうでもいいんですが
とにかくブラインドライディング、できるにはできるんですが安定して長ーく、そしてブラインドからのトリックができるほどの質では出来ていない。。。のがずーっと気になってました。

なので、本日 猛練習。

2回ほど逆エッジ くらって痛ったー!!っってのも
ありましたけど 夕方にはなんとかモノになりそう、、、
な、ところまで行きました。

ブラインドにせよ トーサイドにせよ
理屈でいえば通常の乗り方、ヒールサイドと変わらないハズです。

カイトで引っ張られ、ボードのエッジで走る。それだけ。

なのに、トーサイド、ブラインドはやっぱりヒールサイドほど安定しません。単に、経験値、そのフォームで乗ってるか?乗ってないか? の違いだと思うのですけどね。
そうなるとやっぱり、乗りまくりやりまくるしかないです。
特に不器用な自分なんかは。。。

↓の海外のプロライダー、トム・ブリッジとか他の人は
Zac Andrews、Tom BridgeのVideoを見てると
ブラインドでもトーサイドでも同じようにトリックを仕掛けてます。

■Zac Andrews
いいねえ~♪こういうの!!
https://www.facebook.com/zac.andrews.9634/videos/2256935454559830/

アンフックだけどBlindから。
https://www.facebook.com/zac.andrews.9634/videos/2292357174350991/

https://www.facebook.com/zac.andrews.9634/videos/2329168507336524/

■Tom Bridge

こんなレベルまでできるようになりたいものですよ。
頑張りましょう、頑張ります

課題や理想があるから、明日がある
明日を生きる理由になる(笑)と思うのです\(^o^)/


2019極上コンディション BLOG DUOTONE カイトサーフィン ギア試乗レポート 加世田

●11/25(月)ハッピーマンデー!極上、加世田12→9平米ジャストオーバー!!

西高東低、前線通過 テッパンでしょう~!!
と、いうことで平日月曜日ですがニギヤカでした。

今日も気温は高い20度以上。もうすぐ12月とは思えない、水温も温い。。。
冬型で一気に冷えるからと思いきや拍子抜けでした。

そのせいか、通常ならこの予報・天気図なら7平米ドドドオーバー!爆風!!
のハズが、ぼちぼち穏やか極上コンディション!

暖かくて最高なんですけど、これでいいのか地球!?って不安になりますね。

★11/25 本日のムービー♪
https://youtu.be/I0pOJu_ZNwc

テツローさん果敢にUnhook!! どーぞさんも。。。
Oバタ先生はジャイブターンの練習。
Oミヤジさんは砂州超えエアー!

Bucchiさんは2020 DUOTONE TS TEXTREME の試乗。
僕と同様「コレは凄い、スプレー上げてプレーニングしてるだけで楽しい!!!」
っと納得の感想。テツローさんも同じく「海面に吸い付くように走る」と絶賛でした。

時間なくて、今日は出来なかったんですが
次回はブーツを着けて試してみようと思います!!

これ、やるでー!! 練習しようと思ったんですが、後半オーバー過ぎて出来ず。
キレイに出来たらめっちゃカッコいいと思うのです。
Oミヤジさんもフィンを外してトライシてみて欲しいな~

★テールスライドターン(ジャイブ)

ちなみにこの動画は2020年 DUOTONE ギャンブラーというボードのプロモVideo.
TS TEXTREMEとどっちが自分に合うんだろか~♪


BLOG DUOTONE カイトサーフィン ギア試乗レポート 別府川

●11/23(土祝)姶良市別府川 12平米ジャストアンダー DUOTONE DICE&TS試乗

2020 DUOTONE DICE 9&12平米、 TS TEXTREME HADLOW 140cmが試乗用に届きました。みなさん試してみてくださいね。取り急ぎの感想は後ほど。

★TS TEXTREME ボード、ヤバいです。現時点で最高峰のボードかもしれません。。。
過去 BRUNOTTI Youri Zoon Proを初めて試したときと同じくらいの衝撃でした!!


またしても東風、気温は20度くらい。
今年は異常に暖かい。11月末に別府川ゲレンデに来ることってまず無いのですが。。。

ちょっと北っぽい風もあって、ガスティでしたが
別府川でそこそこ乗れて皆さんラッキーでした!!

Oミヤジさんは真っ先に出艇!!
どーぞさんはアンフックに悩みながら、ハタボーさんはフォイルでロデオ状態
宮崎からお越しのNさんはプレーニングの練習。。。

★本日のムービー!を少し・・・

◆2020 DUOTONE DICE 9&12平米、 TS TEXTREME HADLOW 140cm◆

まずはボードから。

・2020年 DUOTONE TS TEXTREME  このボード、過去最高にいいかもです。。。
本当はもう少し乗りこんでから、と思ったのですが。

最初持つと少し重いかな?という印象ですが、使うと全く気になりません。
長さも140cm、これも全く気になりません!!

試した感じでは、海上を吸い付くように走ります、去年のSELECT TEXTREME は舐めるように走る感じだったのだけど。。。なんなんでしょう!?コレ!!
ビックリしました。決してボード柔らかいワケじゃないんですよ。

少し試しただけで、この快適なの乗り味がたまらない、ちょっと海面があれてるところを乗って欲しい。足元からの反応に顔が ニヤニヤニヤニヤ、 海上でニヤけまくる自分に 「キモいなあ」って思ってしまった。

ブーツ着けて試してないのですが、反発も凄いです、ロードアンドポップ、エアーのエッジング、この反発、跳ね、必ず中級者以上なら気づけると思います。

2013、2014年くらいの BURUNOTTI YOURI ZOON PROを試したとき以来のこの感覚!!
走りが軽い、早い。そしてボードが跳ねる跳ねる!! この感覚を更に高次元で実現できます。

ぜひ試乗してみてください、プライスも最上クラスですが。。。 価値はある、と思ってもらえるか、、どうか!?

ボード単体のみで、以下の価格。
¥178,900(税抜)  ¥196,790(税込)

僕もボード検討しているので心が揺れ動いてます!!

あ、一点 僕はブーツなので関係ないですが
去年から採用のパッドストラップ。ストップの位置を調整するのが少し面倒。。。ポチポチをハメるのに時間が掛かる。通常は頻繁に変更するワケじゃないから別にいいのかな?

あと今年のモデルからですが
足のカカト横のパッドの盛り上がった所は、しっかり
動きのズレをホールドしてくれていい感じ!でした。



世界を制したチャンピオンボード! ビギナーさんにはもったいないけど、トリックできる方なら良さがわかると思います♪

Valentin選手、数年前からキレキレ!で凄いヤツがいるなーと思って見てました。

ただ、大抵のライダーさんは、プロモビデオは凄いけど、大会ではランディング失敗、
勝てない、という方が多いなか、彼はガチでしたね。大会のヒートでもビデオと同じように精度の高い、キレのあるトリックをバンバンメイクしてます。

遂に世界チャンピオンに。。。17歳かあ。
最後に決めた、Herat Attack7!!

ほーんとキレキレ、僕は3位になったLiam Whaley選手を応援していたのですが、
比べると、Valentinのキレが!!早すぎる。

—-

カイトは 2020 DICE 12平米をお試し。
DICEはややアンダーでお試し。そのせいかも?、僕のイメージにあるDICEの割と暴力的なほどのエッジング後の引っ張りは収まって、コントロールできる範囲の安定したフリスタカイト!!というように感じました。ガチガチの上級者向けCカイト、という感じでもなくリランチもハンドリングも風域も、使いやすそう。

その中でも特にフリスタ、エッジング後のテンションの抜けは秀逸、アンフックとかメインのユーザーさん、
ハイテンショントリックマシーンの、神奈川の布施さんなんか最適でしょうね。

DICEといえば昔、別府川でエアーしたらブローがガンガン入って、風が巻き込んだ感じ?になって、なんと 風上の方に下がったことがある!!、くらいエアーも面白いカイトです、本モデルも滞空時間もあってエアリアルもちゃんと楽しめますね。

アップウインド性能は最近、ガンガン登るカイトを使ってたせいですけど、、、
もう少し欲しいなーと思いました。ただ、やや風弱めだったし仕方ないところです。
全てに万能にカイトは作れないので。アップウインドし易いカイトは、必ずエッジング後のCカイト的な テンション負荷と抜重性能を犠牲にしているので。

ということで、メーカーさんの掲げてるターゲット通り
フリスタ・アンフック・パワードトリックメインの中上級者に最適な DICE !! ですね。