2022/10/4 [カイトサーフィン]

10/4(火)日本初上陸カイト!! ELEVEIGHT(エレベイト) 初ライド♪

●10/4(火)日本初上陸カイト!! ELEVEIGHT(エレベイト) 初ライド♪

本日の加世田、14平米の風。ちょいシフティ、ややアンダー気味。気温は30度オーバー、まだまだハダカ DE カイトです!!

★本日のムービー!

ナイスカイトのインストラクター「ももちゃん」に日本初上陸のカイトメーカーのELEVEIGHT(エレベイト)に乗ってもらいました。

本日使用したのは、”RS”というオールラウンドモデル、14平米。

ちなみに”RS+(プラス)”、という新しい生地を採用して軽量化された高性能版モデルもありますが近日入荷です。

オーバーになるくらいしっかり吹いてくれないと、なんとも言えないのですけどね。とにかく乗れて良かった~♪

こうやって初めてのメーカーさんのギア、チェックする際は加点法ではなく、減点法で。とにかく粗を探して おかしなシステム、壊れそう、怪しそうな動きのライン、ロープ、樹脂パーツ、などなどそういうのを一通り確認します。

一昔前と違って、こりゃ売ったらキケン!みたいなカイトは無くなりましたけど極力 使用してて気になる、、、というポイントが無いのが一番。

その点でエレベイトカイト、ほんと優等生。 カイトの造り、素材、エアのインフレートシステム。シンプル過ぎるくらいの スッキリしたバー周り。 リリースシステムなど減点するところが無い。

ELEVEIGHT(エレベイト)カイトのバーはチキンループをリリースした際に、片手でもワンクリックでカチっと戻せるシステムを2017年から採用してます。

これ業界初、全メーカーの中で一番最初に開発したのがエレベイトです。

とにかく全体的に好感触でした。もっと吹いた時にカイト性能を試してみたいですね。

ちなみに今日触った限りでは、ノーマルRSと 2022 DUOTONE EVO SLSを比べるとEVO SLSの方が、より洗練された動きに感じました。

従来ながら素材のカイト(ノーマルRS)と、新しい”SLS”素材を使ってるカイト(EVO SLS)とくらべてもフェアな比較ではないので、これは、合点がいく結果かなーとは思います。当然、かなりの価格差になる予定ですけれど。

まずは簡単なご紹介程度に。まだまだ使い込んでみたいと思ってます。

コメントする

17 − 16 =