7/26(水)南さつま市加世田 OZONE HYPERLINK(ハイパーリンク)12平米カイト1stインプレ

[Kiteboarding News]

”2017 カイトボーダーズミーティング in 鹿児島”

今年もカイトボード、フリーライドイベントやりますよ~☆

★日程:11/3(金祝),4(土),5(日)

ビギナーさん歓迎!たくさんの人が集まって,とにかくカイト楽しみましょう!!自由に楽しく、気軽にフリーライド♪s-KBMT2017-annai

でも以下の内容はやろうと思ってます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★賞金10万!スラロームレース ★[希望者のみ]
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「1位は賞金10万円!!!!」、ガチンコのレースやります(スラローム≒*あまりアップウインドの必要のないコースレース)
「普段使いのカイト&ボード」、ツインチップで参加できて誰でも優勝のチャンスがある!しっかりとしたジャッジで開催します!
海外の大会でも用いた、長~いブイも登場、ハイスピードで障害物を超える技術も必要です!

[スラロームレース 参考イメージ]s-kbmtブイhttps://vimeo.com/210960572#t=183s

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ワンメイクトリック大会&フォトシュート!★[希望者のみ]
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
地形&潮位が整うと、砂州の風下オフショアで超キモちいい~、面ツルエリアが出来上がります♪
絶好のステージです!練習の成果を発揮して、トリックをブチかましてください(笑)s-KBMT2017-annnai2★とにかく、海外プロライダー来て欲しい★

諦めずにお願いしてます。ビデオでみてるようなライディング、生で見たいです!!

★パーティその他!
11/4(土)の夜は、Bigパーティです! 風吹かなくても楽しい\(^o^)/盛り上がっちゃいましょう!!

◯こちらは去年のオフィシャルムービーですー!
2016 KITEBOARDER’s MEETING in KAGOSHIMA [Official]

正式なエントリーフォームは後日用意します。日程だけ、皆さん空けておいてくださいね\(^o^)/
皆さん、今年も楽しみましょう!!

======================================================

●7/26(水)南さつま市加世田 OZONE HYPERLINK(ハイパーリンク)12平米カイト1stインプレ

★OZONE HYPERLINK(ハイパーリンク)12平米
 風速3~4mアンダーコンディションでのファーストインプレッション

今日使ったカイトは、OZONE の新しいモデル、HYPERLINK(ハイパーリンク)といいます。
s-20170726_124216
ラムエアー、と呼ばれるポンプで空気を入れる必要のないパラシュートのような形をしているタイプです。
ダウンロード
ハイパーリンクは、簡単にいうとラムエアーカイトなんだけど、かなりインフレターブルカイト(普通のエアーを入れて使うタイプのカイト)に寄せてきたモデルです。

—-
★本動画のライダーはこだまっち、カイト歴1年。
s-20170726_124224
体重60kg弱、風速3~4m、160cmの微風ボードで、楽しんでました\(^o^)/
エアーしてカイトを落としましたが、リランチ一応OK。

*僕もわざと落として試しましたが、もっとスムーズにリランチできました。
—-
■メーカーの解説 *抜粋
ハイパーリンクはフォイルカイトの高性能とインフレータブルカイトのフィーリングを兼ね備えたマルチパーパス・フォイル・カイトです。一枚のカイトでカイトスポーツのほとんどの側面をカバーします。フリーライド、ハイドロフォイル、パワーと滞空時間、エアスタイルにアンフック、バックカントリー・スノーカイトに至るまで、全てのアクションにハイパーリンクは対応します。
ハイパーリンクはインフレータブルカイトと同様のダイナミックで楽しい操作感を備えると共に、従来のフォイルカイトを上回る安定性、ハンドリング、バーフィーリングを備えたユニークなフォイルカイトです。
—-

僕の体感では、この12平米、17平米(ゼファー)とほぼ同等のパワーがありました、お得なカイトだなあーって思います(^_^;)
s-20170726_130038
ゼファーと比べてハンドリングは軽々、動きの速さはちょい早いくらい。風が弱くても全然落ちて来ないので気を使わなくてもいいのが楽です。

後で比べたのですが、パワーは流石にOZONE EDGE19平米の方がありました。
ラムエアカイトは振って乗るイメージはなかったですが、ガンガン振ってスピードに乗せたり、アンダー時もフリフリしながらジワっとアップを取るのも全然やりやすい。
アンダーめでしたが、アンフックも普通に出来ます。
風弱かったので、カイトを低くしてのパワードトリックはまだ試していません。
s-20170726_134126

s-20170726_130630

若干、ENDURO(エンデューロ)より前に(エッジ オブ ウインドウへ)走る感じはあります、お陰でアップは取りやすい。OZONE EDGEよりは前に走らない、その為エッジングの反発が逃げない分、トリックするのはEDGEより絶対イージーですね。風のあるときにフルエッジング、試してみたいです。
フリーライド、フリスタ的な観点で言えば、まずはジャストアンダーの風域ならENDURO(エンデューロ)とほぼ同等の事ができると思います。昔のクロノというモデルでトリックしようとしてエッジング掛けた瞬間にチップが折れ曲がった!!、といった感じの事は一切ありません。カチっとした感じもないけどハードなエッジング掛けたからといってブレることなさそうです。
s-20170726_130559
良い事だらけなんですが、やはり一点気になるのはリランチ。
コツを要する点、そして失敗すると、そこそこ面倒な点。
これがなければビギナーさんのファーストカイトにオススメできるのになあ。
しかしながら、過去に使ったどのラムエアカイトよりもリランチはしやすかったです。
落としてすぐなら、従来のインフレータブルカイトと同様な操作でリランチすることができます。
問題は、そこそこ時間が掛かった時。やはり潰れてしまうので手間取ります。その後、リランチ成功してもしばらくは水を含んで、結構重いハンドリングになることもありました。 でもその程度、リランチが出来る!ってだけで凄いです。

いずれジャスト・オーバーコンディションで試してみたいと思います。

いまのところ、中級者/2枚目のカイトの選択としてなら、かなりオススメできそうです、軽いですし、風域もバツグンに広い。トリップに一枚持っていくならハイパーリンク12mが一番いいかなー、なんて思っちゃいました。
あとは、フリスタ的に使った際の耐久性も気になるし、カイトに繋がるブライダルラインがやはり多め、慣れないとちょっと気を使うでしょう。
使いこなすスキルがあって、ランチング環境などが合う合わないなどの問題がクリアできれば、絶賛してオススメできるカイトになるかなーと思ってます。
ひょっとしたら次世代の主流になるタイプのカイトかもですよ。しばらく試乗機をお借りしてるんで、ゼヒ使ってみてください。
s-20170726_134541

s-20170726_134931

/かわじ