BLOG

DUOTONE カイトサーフィン

●9/25(土)2021 DUOTONE EVO SLS 試乗、12平米ジャストの極上風!!でした。

ここ数日、シルバーウィークの風。期待できそうで吹かず。。。の日々でモヤモヤしてました。しかし今日は14時半くらいから極上風!!、12平米ジャストでした。しっかり吹いた日はサイッコーです♪

朝イチ登場のゾロくんから始まって、まるちゃん夫妻まで、カイトボード楽しめましたね♪レッスン中のKさんも頑張ってました。

★本日の動画です♪

2021 DUOTONE EVO SLS12m 試すことができました。”カイト”というプロダクトのトータルの完成度はDUOTONEが一番かもしれません、以前この開発動画を見たときは驚きました。こんなテストしているカイトメーカー他にあるんでしょうか・・・

最初に書いとくと、DUOTONEはバーを改良して欲しいです。特にフロントラインの分岐構造だけは僕はその理由もわからないし、欠点だと思ってます。あとチキンループのリリースシステムは進化してもいいと思います。それ以外は 文句無しのTOPメーカーですね。

EVO SLS、以前までのノーマルEVOから新たに素材などで改良されたのがSLSシリーズ。SLSは STORONG / LIGHT / SUPERIORの頭文字ですね。ノーマルEVOより15%軽量化、素材も丈夫になってるそうです。期待して、皆で試乗してみました。とにかくバープレッシャーが軽い、ハンドリングが軽い軽すぎて、乗っててもアンダー?かと思うほど。バーも一番手前まで引き込んで余裕で操作できます。でも、しっかりアップウインドをとって楽に走りまわることができる。。今まで使ってたカイトならこの感じはアンダーコンディションのとき。しかし、しっかりアップは取れる、とするとジャストなんだろうか・・・よくわかんなくて脳がバグる。。。他のモデル、メーカー12平米を並べて乗り比べればよかったなー。またエアーするときはバーの引き込みの圧が無いのでタイミングが取れない、、、ということで、進化に身体がついていかない感じでした。しかし、間違いなく良いカイトだと思います。このカイトで慣れたら、とても風域広く安心して乗れそうですね。ジャストで乗れるけれど、エアリアル=カイトを振り上げてジャンプ!!するには、もっと風が強いのが面白いと思います。バー引き込むだけでぶっ飛べそうでした。もうちょっと色んなコンディションで試してみたいですね。

15年以上前、カブリナのクロスボウ、というカイトが一世風靡したことがあります。バープレッシャーの強い、パワーのあるカイトでした。その後、OZONEなどバーのプレッシャーの少ない、動きの早い、軽いカイトが発売されて主流になっていくのですがクロスボウに慣れてた方は、軽いバーのカイトを試乗した際は「バーが軽すぎる!エアーが飛べない~」って言ってました。なんだか同じような状況のような気がします。これからはEVO SLSみたいなカイトが(とにかくプレーニングがしっかりできるけどバープレッシャー自体は全く無い)メインになってくるんでしょうかね。それともメーカーさん毎に違う個性みたいなものなんでしょうかね、昔からDUOTONE(以前のNORTH時代から)はフロントラインに掛かるテンションが強めでバックラインが割とタルい、そうするとバーのテンションは軽い、という感じの作りだったように思います。

あと、カイトの重量の話。OZONE ENDURO V3 12mとDUOTOEN EVO SLS 12m カイト自体の重さを測ると、両方とも 3.2kgで同じでしたね。OZONE は元々軽い作りなんですね。 あとEVO SLSは 空気圧が7PSIになりました、従来のEVOは6PSIでした、ちなみにOZONEの推奨は8PSI、空気圧で剛性を出してるのは昨今のWING を見ても明らかでWING最近は空気圧高め 9~10PSIでパツパツですからね。。。これからどうなってくかと考えると、、、修理とか大変になりそうだなーって思いますね。

とにかく、新しいモデルのカイト、触るのは面白いですねー!!もうちょい、お借りしてますので、ぜひ試乗してみてくださいね。


カイトサーフィン

●9/18(金)この写真がスゴイ! カイトサーフィン 鹿児島またしても!!超極上でしたね。 

海からあがったときの皆さんの表情が違いました、、、興奮・高揚 イイ顔でしたねー♪テンションアガって攻めまくり、コケまくりで練習いっぱい、上達しちゃいますね~!!↓↓ 

★9/18の動画!

写真も超カッコイイのが撮れました!!カイトも一緒に写っているのは僕が遠浅の海に歩いていって、スマホで広角動画を撮って画像に切り出すだけ。Goproもそうでしたけど、広角(カイトも一緒に画面に入れたいので)なのでライダーさんが相当近く(僕から1~2mくらい)ないと撮れません。僕の風下側を通過すれば良いので、ぶつかったりすることはありませんが、近くでタイミングあわせてトリックしなくちゃいけないが難しいでしょうね、しかしタイミングあえば超カッコいい写真になりますね!!スマホだけで、一昔前のこんなプロが撮影したみたいな写真が撮れてしまう、、、凄いですねー。

先日、防水の専用ビデオカメラの画質についてパナソニックに電話して聞いたら曰く、「画質でスマホに勝てるわけがない」って言ってました。録画専門のビデオカメラ作ってるメーカーさんなのに!!!お手上げ状態だそうです。そりゃ、開発費、販売量、そもそもスマホ本体の価格、考えると単体ビデオカメラ、というプロダクトはオワコンですよね。。。ただ僕からすると、「防水」「ズームが効いて」「丈夫」、であれば多少高くてもビデオカメラ買いますよ!! ニッチですけどメーカーさん頑張って作って欲しいですー。


カイトサーフィン

●9/16(木)12平米ジャストオーバー! 極上、別府川河口コンディション最高の日でした!!

動画見てもらえたらわかると思うのです。

★本日の動画!

ハーレーさん、ももちゃん、誠ちゃん、イシちゃん、カワジ、でセッション。なんだか、何をやっても上手くいく、、、と思えるようなスペシャルな日でした。

普段以上にエアーが高かったイシちゃん、凄かったです。ヤクルトジャンプだったのに、急に3m超え!!のエアーですよ、大進歩でした。

ノリノリ過ぎて、誠ちゃんCabrinha FX 12mカイト破れてちゃいましたけど。気をとりなおして再出艇!NORTH ORBIT 12mを試乗してもらいました。動画にもありますが、ORBITはエアーの滞空時間、リフトする力が強いので

誠ちゃん、「飛ぶ飛ぶ~!」ってビックリしてました。ラムエアーカイトみたいな浮遊感、普段より距離が伸びるので試乗してもらうときは要注意ですね~♪

写真のカイトボードは試乗機でお借りしてたFLYSURFER FLOW / RADICAL 6 両方ともターゲットになる方が使えば相当気に入ってもらえると思えた、良いボードでした。色々書きたいことあるんですー☆

ももちゃんの写真はスマホの広角動画から切り出したヤツです。Goproとかもそうですが、広角なんでぶつかるんじゃないか?って近くに寄ってくれたら、相当良い画になります、僕が水に入ってスマホで撮影してたら超近くまで来てエアーとかしてみてくださいね~♪


カイトサーフィン

●9/15(水)なかなかズバっと台風の影響きませんね、ライトウインド!!

姶良市別府川、昼から徐々に吹き上がり。ほぼ最大ジャスト、夕方16時頃はMAX12平米で乗れる位のときもありました。雨予報が大ハズレ。日差しもあり鹿児島はまだまだウェット無しでいけますね。とにかく風、水温、気温が気持ちいい、1年で一番良い季節かもしれませんね、皆さん口々に「今日は気持ちイイねー」って言ってました。そんなワケで、普通にプレーニングしてるだけでテンションあがりましたね!!

★本日の動画です♪

風弱めとかーとか、乗ってるだけで気持ちイイ!とか言っててもそこそこ吹き上がったら何かやらないと。ベテランさんは エアーにトリック、楽しんでました。

ももちゃん、キレキレ S-bend! でも、スクールやりすぎて、普段乗ってないので勘が狂って他はダメダメね(^_^;)

誠ちゃんは、ほぼ完着のバックロール。ほぼ出来てる・・・ もうちょっとですね。

動画最後は 石塚さん 改め、 ナニワのイシちゃん♪充分アップウインド取れるコンディションでしたが、下ってしまうとお悩みだったので。。。動画をチェックしてみると、上手くアップが取れるとき、ダメなとき、見比べると如実にわかりますね。しっかりボードのヒールサイドに荷重を掛ける乗り方さえできれば大丈夫!フォームって大事だなーと思いますね。


カイトサーフィン

●9/13(月)久々の姶良市別府川、遠い台風の風かなり久々に別府川でした、姶良市別府川河口は夏のメインゲレンデのハズなんですけど2,3週間ぶりでしたね。台風の影響で東風、もう少し強い風を期待でしたが、吹いたりやんだりのちょっと不安定。それでもカイトサイズ変えたり、ボードを変えながら吹いてる間はオーバーになったり、、皆さん楽しんでましたね。

★本日のムービー!

サイズは14~17平米、吹き上がったらオーバーなときも。Oバタせんせいは、すかさず9平米にチェンジして乗ってました。流石ですね~。

●Bucchiさん、FLYSURFER BOOST 15平米試乗!!

FLYSURFER というカイトブランド。どちらかというとラムエアーカイトがメインのメーカーさんのイメージですが一般的なエアーを入れるタイプ(インフレータブル)のカイトもあるのです。お借りした11・15平米のBOOST 僕も乗ってみました。

モデルのコンセプト的には、ハイパフォーマンス・ビッグエアーカイト。他メーカーの競合モデルはOZONE のEDGE / DUOTONEのREBEL などですね。名前の通り、ブースト!!って感じのパワーがあります。ハイアスペクトでエアーのリフト感、滞空時間が凄い。かなり仰角がキツく、頭上のニュートラルにカイト置いてる時に自分を追い越して風上に行っちゃいそうな感じ。おかげでアップウインドもしっかり、今日もBucchiさんのライディング見てましたが、かなりの角度で風上に登っていました。パワフルで、エアー&アップウインドがGood!ということでコンセプト的にバッチリなカイトでした。ただハンドリングとパワー感にクセがあるのでBucchiさん曰く「暴れん坊カイト」、だそうです。仰角があるのでパワーゾーンにカイト振り下ろすと、エッジオブウインドウにカイトはすぐに走ってパワー(トルク)よりスピードに牽引力がシフトするイメージで使ってみましたが想定外にパワーゾーンでガンガン、パワーを受けて引っ張ってくれます。これがほどほどなら良いですが、かなりキツいので人によっては「オーバーに弱い」、という印象を受けるかもしれません。試乗したバーはラインが20m?くらいだったので長めのラインで若干ジャスト~アンダー気味で使うと扱いやすいかも。 ウェイトのある方や、パワフルなカイトをガンガンおさえこんで乗るのが楽しい、という方は好まれるかもしれません。機会あればぜひ試乗してみて欲しいです。

●レイリーがやりたいゾロくん!!

ハイテンションなゾロくんは夜な夜なDUOTONEの動画をみてムハムハーって大コーフン★ おかげでヤル気が凄い!

↓こんなのね。 

しかし実際やってみると、力みすぎてポップ/レイリーがまだまだ荒い。でもいいんです、見てて面白いし。今のゾロくん、伸び代のカタマリです!!

●フォーム改善中の Kogaさん

パラグライダー乗りのKogaさん、ライディング中に腰を曲げてハーネスの腹部を引き込んじゃう、これはパラフライヤーさんならではのクセです。こうなるとボードのレールをしっかり使えないので、オーバーに弱く、荒れた海面でフラフラ、バランスの悪いライディングになってしまいます。なので、しっかりお臍でカイトの力を受けて、腰を引き込まず胸を張って。というアドバイス後の↑ライディング動画です。アドバイスした点はしっかり修正されてますね!!ただボードが風上に向きすぎ、理由は進行方向後ろ足(左足)に荷重を強めに掛けてます。そのためアップはしっかり取れますが若干ムリを感じる乗り方になってますね。キレイなフォームで乗る意識なら、同じ状況で 両足は左右均等の荷重。そうするとボードのノーズはもう少し風下を向き(アビームか、ちょっと風上向けた状態)で乗ることができます、こうなると、脚に掛かるボードからのパワーも減るハズなので、カイトをもう少し下げる事ができるハズです。これでカイトが低ければ、理想的なフォームで乗れてたのではないかなーって思います。–意外とそうでもない状況のハズなのに、「オーバー!でキツイ!」とおっしゃる方がいます。見てると大抵自分でボードを踏みすぎた(ノーズが風上向けすぎたせいで荷重が掛かる)状態なだけ。という事もあります。僕は ドMなのかなーー??って思ってみてます。(笑)以前は同じ理由で テツローさんが、体重あるのにスグにオーバーで死ぬ死ぬ言ってましたねーww–

●レッスン受講中のモミーさん。

なかなか風に当たらない・・・けれど今日はまずまずの風。レギュラーサイド ロングプレーニング!!出来ましたね。モミーさん、実はウインド経験アリの、かつバリバリのウェイクボーダーさん 最初っからカイトもメッチャ上手くて風さえあれば走れちゃうだろなーって方です。動画みてももっと風あれば、グーフィーサイドでも走って帰って来れるだろなーって思いますよね?そんな安定感があります。秋、冬には走り回って飛び回ってもらえると思ってます。