2022/9/11 [カイトサーフィン]

死の淵から蘇るためのカイトサーフィン愛と情熱

●死の淵から蘇るためのカイトサーフィン愛と情熱

大層なタイトルだけど、「人が生を全うするためのチカラ」ってのはなんらかの愛と情熱なんだよなーって思うことがありまして。

9/11(日)も別府川 いい感じで南東の風が入ってました。

白血病の治療のため、長期間お休みしていた 「マジしゃん」が、

ようやくゲレンデに顔だしてくれました。

海には入りませんでしたけど。。。

骨髄移植後、2回くらい死にそうになったそうで、

それでも「カイトやりたいから!」戻ってこれました~って

笑いながら言ってました。

足の筋肉が落ちて、めっちゃ細い。

薬で顔がパンパン。アンパンマンみたいな感じになって別人みたい。

体力も落ち、歩くだけで息が切れてたそうですが

なんとか持ち直して陸上でカイト上げるくらいは出来てました。

闘病中、毎日毎日、僕らからのLINEを楽しみにして、

カイトサーフィンの動画を見てがんばってたそうです。

以前は「ノドチンコが取れた」とか言ってて(ホントに)、近々死んでしまうんじゃないか?、カイト中の写真撮っても、コレ遺影になっちゃうのでは?って本気で思ってました。

そんなこともあって、めちゃくちゃイイ笑顔で

トレーナーカイト振り回してる、マジしゃんみてたら涙でました。

テンション高いし いつもつまんない冗談言ってる、マジしゃんですが、

ひたむきに、好きなことやりたいから「生きる!!」

ってのがヒシヒシと伝わってきて、ただただ眩しいかったのです。

仕事も個人事業を新たに始めると、言ってました

ポジティブで、一切言い訳のない生き様。

「マジしゃん」だけではなく、カイトサーフィンを一生懸命取り組んでくださるメンバーさん、みんなリスペクト出来るところがあるんです。

真剣に人生楽しんでる方々は、みんな輝いてる、イイ顔しているなーって思います。

本気で生を全うしようとしてるのか?

言い訳や、ムダな時間過ごしてたら、あっという間に終わりの時が来てしまう。

自分はどうなんだろうか??って思います、いつ死んでも悔いがないか???

と、考えると、、、

あ、僕は

意外と いつ死んでもいいくらい必死こいて色々やってるわ(笑)

心のこりはあるだろうけど。でもやりたい事は大抵できてる。。。

幸せものだなあ、自分。

「マジしゃん」に負けないように、これからも

ひたむきに生きてやろうと思ってます。

皆さんにも イイ風吹いてますか??

どんなに強い風が吹いても、本気なら 好きなことへの愛や情熱の炎は消えないです、

より大きく燃え上がって、眩いばかりに明るく周りを照らしながら生きてやりましょう。

思いきり、たった一度の人生を楽しみながら!!!

コメントする

3 × 2 =