6/4(月) 姶良市別府川 微風&セーフティについて

6/4(月)姶良市別府川 微風&セーフティについて

東の風が4,5m,でも快晴で気温も高い!
このパターンは嫌な予感が。。。

錦江湾の南風サーマルと、気圧配置で吹く緩めの東風が
東と南でごっつんこ!!! と、当たって別府川に吹き込みづらい。

ということで今日は南東の風がまともに入ってきたのは16時くらい。 ちょっと待ちが長かった(^_^;)

☆本日の動画 ほ~んとにチョビっと!!

それでも、乗れたら気持ちスッキリ、
MAX5mくらい、最大サイズでしたがBucchiさん、
とってもイイ顔で「乗れてよかった~♪」とのこと。

まともに乗るのは2年ぶり!のママさん、まるちゃんも
いきなりガッツリRiding!!!

ももちゃん、ビックリ(@_@;)
Oバタせんせもビックリ(@_@;)

夕方、6時くらいには更に吹き上がったけど、みんな終了デシタ。明日から、結構な雨量の雨予報です。

貴重な梅雨本番前のの日、なんとか乗れてよかった~\(^o^)/

と、ヨカッタ良かった~♪
で終わればいいのですが。

本日はセーフティについて、思うことがありまして。。。
色々と、長文。

カイトボードは、正しい知識と経験でリスクをほとんど無いレベルまで減らすことはできます。でも、決して安全安心なスポーツではないんです。

ベテランさんはみんな、ちゃんとリスクを知ってます。
怖い、ヤバイ経験をしてるハズ。知らない人は経験が浅いか、それとも超デキの良い人か、ラッキーなだけです。いつか思い知るときがきますよ、そのときにちゃんと対処してほしいので。

でなければ、死ぬか、大怪我か、パニックになって運良く誰かに助けられるか。です。
なので、緊張感を持ってほしいのです

・自分自身のケガを防ぐにはどうしたら良いか?
・他者に迷惑掛けないようにするには?
・カイト道具を壊さないようにするには?

そのためにビギナーさんには特に、ヘルメットやインパクトベストや、ラインカッター、ブーツなど必要な装備があります、準備もあります。
僕が朝(前の晩から)、かなりの量の海、風、潮、天気、雷、その他の情報をチェックするのもリスク回避のためです。万一の他者へのケガや物損を補償をするカイトの保険もあります。

そういうのを、おろそかにして 浮かれて楽しむだけ、となると いつか必ず事故やトラブル、ケガが起きます。

いろんな事情や言い訳もあるでしょうが、なにかコトが起きてから
「言い訳」や「事情」なんて、なんの意味もないです。結果が全てです。

過去に僕のお客さんが 大怪我をしたり、カイトがスパイラル(勝手に回転)して2,3キロ延々と砂浜をカイトに引き摺り倒されたり、一緒にカイトした事がある方が溺死したり、そんなこともありました。でも、トラブル起きた後の言い訳にはすべて、なにも意味がないです。

楽しいですし、夢中になってカイトして欲しいですが
キチンとリスク管理、対応しましょう。 そのためにスクールでいろんなコトを伝えてます。サポートもします。

例えば、、、ですが。
別府川は決して安全なゲレンデではありません、南風の時は風下に堤防がある状況です、
そんなときに堤防に近づいたりするのは絶対ダメです。
最低でも、ウインドウインドウ内(25m以内に)障害物がある状況、というのは、ちょっと強い風が吹いたら、一瞬で障害物に当たる状況、棺桶に片足つっこんでる状況というのを知って下さい。

その方が万一、亡くなったら残された人はどうなりますか?一緒にカイトやってメンバーはどうなりますか?また、そのゲレンデではカイトできなくなりますよ。

こういうコトを理解して対処出来ない方とは一緒にカイトボード、やっていけないです。あまり厳しいことは言いたくないですが、いい加減に遊ぶレジャーではないんです、
ちゃんと知識・経験を積んでルールを守って楽しむ、リスクもあるスポーツなんです。

でも、めっちゃくちゃ楽しいです、楽しけど何か事故やトラブルでもあったら
楽しいなんて言ってられませんから。もし、セーフティに関して、疑問やわからないことあればなんでも聞いてくださいね。どうか皆さん、意識高めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です